【最大1500万円】中小企業必見!AI導入補助金「省人化・省力化補助金」とは?

AI導入に使える補助金を紹介!申請サポートも行います!

はじめに:AI技術の導入とそのメリット

現代ビジネスの世界では、AI技術の導入が急速に進んでいます。特に中小企業や個人事業主にとって、AIは業務の効率化、コスト削減、市場での競争力向上の鍵となります。しかし、多くの場合、資金面の課題がAI導入の大きな障壁となっています。

しかし、このような障壁を乗り越えるための一つの解決策が「省人化・省力化補助金」です。

この補助金は、AI技術をはじめとする省人化・省力化に関連する設備投資を支援するために設けられています。

この機会を活用することで、中小企業や個人事業主は、経済的な負担を軽減しながら、技術革新の波に乗ることが可能になります。

「省人化・省力化補助金」の概要

この補助金は、中小企業や個人事業主が直面する経済的な負担を軽減し、AIなどの先進技術を導入することを奨励するものです。

具体的には、AI技術を活用した機械やソフトウェアの購入費などが補助対象になります。
補助率は2分の1ですので、導入したい製品の半額が補助されます。
AI導入の初期コストを大幅に削減することが可能です!

省人化・省力化補助金の補助対象製品

効率化・自動化のできる製品を導入し、人手不足を解消!人件費などのコストも削減できます!

ロボット製品

  • 配膳ロボットや清掃ロボット
  • 産業用ロボット
  • 介護用ロボット
  • ドローン
  • 受付ロボット

AI製品

  • AIの音声認識や自然言語処理技術を利用したシステム
  • AIチャットボット
  • 入退室の管理業務AI
  • 生産工程を自動化するFA(ファクトリー・オートメーション)へAIの活用
  • セルフレジのシステム

IoT製品

IoTとは、インターネットを通じて、センサーや通信機能を持った物(製品)のことです。
身近な例でいえば、スマホからオンオフできるエアコンなどの家電、生体反応を感知して計測するスマートウォッチなどがあります。
企業の省人化・省力化に使用できるIoT製品が補助対象になります。

【最大1500万円!】省人化・省力化補助金の補助金額・補助率

従業員数5名以下
200万円(300万円)


従業員数6~20名
500万円(750万円)


従業員数21名以上
1000万円(1500万円)


※賃上げ要件を達成した場合、()内の値に補助上限額を引き上げ

補助金の申請は時間がかかるプロセスですが、正しい知識と経験を持つ専門家によるサポートがあれば、スムーズに進行する可能性が高まります。

AI導入における補助金の活用方法

AI技術を導入することで、企業は業務の自動化、データ分析の高度化、顧客サービスの向上など、多方面でのメリットを享受できます。

例えば、顧客対応をAIが支援することで、より迅速かつ質の高いサービスが提供可能になり、顧客満足度の向上につながります。また、データ分析にAIを用いることで、市場の動向や顧客の嗜好を的確に把握し、より効果的なビジネス戦略を立てることができます。

各業界のAI導入事例:生産性向上・顧客満足度向上・従業員の負担軽減

AI導入事例:製造業

  • 例:「株式会社テクノスマート」では、AIを用いた品質管理システムを導入。これにより製品の不良率が大幅に減少し、生産効率が20%向上した事例があります。

AI導入事例:小売業

  • 例:「グリーンマーケット」は、在庫管理にAIを活用。需要予測の精度が向上し、過剰在庫の削減と売り上げの増加を実現。

AI導入事例:サービス業

例:「ハーモニーホテルズ」では、顧客対応にAIチャットボットを導入。この結果、顧客からの問い合わせ対応が迅速になり、顧客満足度が高まった。

AI導入事例:医療業界

例:「メディカルアナリティクス」では、患者のデータ分析にAIを用いることで、病気の早期発見率が向上。治療の効率化と医療コストの削減を実現しています。

AI導入事例:金融業界

例:「ファイナンスソリューションズ」では、AIを活用したリスク管理システムを導入。これにより、投資リスクの低減と資産運用の効率化が図られました。

AI導入事例:教育業界

例:「エデュケーショナルテクノロジーズ」は、AIを用いたカスタマイズ可能な学習プログラムを提供。学生の学習効率と成績向上に大きく寄与しています。

これらの事例は、AI技術の導入がもたらす可能性の一端を示しています。中小企業や個人事業主がこれらの技術を活用することで、効率化、コスト削減、顧客満足度の向上など、多大なメリットを享受することが可能です。

省人化・省力化補助金申請のプロセス

「省人化・省力化補助金」の申請は、適切な計画と正確な手続きが必要です。

現時点で、申請プロセスの詳細はまだ完全には固まっていませんが、基本的には「カタログから選ぶ」方式を採用しています。これは、事前に承認された機器やサービスの中から選択するというものです。このプロセスの重要性は、適切な技術選択によって補助金の有効活用が可能となる点にあります。

しかし、補助金の申請は非常に複雑で、多くの企業や個人事業主にとっては手続きの煩雑さが障壁となることも少なくありません。そのため、申請の手続きを円滑に進めるためには、専門知識と経験を持ったサポートが不可欠です。

行政書士野崎明穂事務所では、行政書士と中小企業診断士による専門的なアドバイスとサポートを提供し、補助金申請のプロセスをスムーズに進めるお手伝いをいたします。

申請の詳細については、情報が確定次第、当ブログを通じて速やかにお知らせします。補助金を利用してAI技術を導入し、ビジネスの成長を加速させたいと考えている中小企業や個人事業主の皆様、ぜひ当事務所までご相談ください。

省人化・省力化補助金の申請サポートは行政書士野崎明穂事務所へ

行政書士野崎明穂事務所が補助金支援者として選ばれる理由

  • 累計獲得補助金額10億円以上の実績
  • 行政書士と中小企業診断士が多角的支援
  • 低価格・高品質なサポート
  • あらゆる業種に対応可能
  • 日本全国対応可能

行政書士とは 補助金の申請代行(申請サポート)も業務範囲の国家資格

行政書士の徽章(バッジ)

行政書士は、行政書士法(昭和26年2月22日法律第4号)に基づく国家資格者で、他人の依頼を受け報酬を得て、官公署に提出する許認可等の申請書類の作成並びに提出手続代理、遺言書等の権利義務、事実証明及び契約書の作成、行政不服申立て手続代理等を行います。(日本行政書士会連合会

最近では補助金の申請支援業務も、新たな行政書士の業務として注目されています。事務局との連絡を代行したり、一部書類を代行作成し報酬を得ることは、厳密には行政書士しかできないということになっております。

補助金の申請代行は行政書士にご依頼ください。

省人化・省力化補助金の申請サポート(申請代行)を専門家に依頼するメリット

士業集団

行政書士・中小企業診断士(国家資格者)が対応!

行政手続きの代行を独占業務とする行政書士と、中小企業の経営改善・問題解決を得意とする中小企業診断士が、補助金申請をサポートいたします。

正確・迅速な対応はもちろん、本当に補助金活用をしてメリットがあるのかどうか、製品導入においての注意点などもアドバイスをさせていただくことが可能です。

また、補助金は最初に自己資金での投資が必要になりますが、その際の資金調達(銀行融資支援)も行うことが可能です。

手間のかかる書類作成・申請作業を代行!

補助金の申請は、要件把握から電子申請手続き、書類の作成・整理、事務局からの補正連絡への修正対応など、意外と手間がかかってしまうものですが、それらの面倒な作業はすべて行政書士が代行させていただきます。

事務作業パソコンが苦手な方も補助金申請可能!

忙しい経営者の方も安心してお任せください!

AI製品を取り扱う企業の皆様の補助金カタログ登録・ベンダー登録支援

補助対象製品で紹介したような省人化・省力化に寄与できる製品を製造・販売している企業の皆様が、省人化・省力化補助金のカタログ登録をする取り組みも支援させていただきます。

  1. チャットボット:顧客サービスや問い合わせ対応を自動化。
  2. AI駆動型監視システム:セキュリティや施設管理を強化。
  3. 自動在庫管理システム:在庫の監視と管理を効率化。
  4. 予測分析ツール:需要予測やリスク評価を自動化。
  5. 自動車運転支援システム:運転の安全性向上と効率化。
  6. AIベースの医療診断支援:病気の診断や治療計画を支援。
  7. スマート製造システム:製造プロセスの自動化と最適化。

これらは一例ですが、このような製品を販売している事業者の皆様は、省人化・省力化補助金のカタログに登録し売り上げを伸ばせる可能性がありますので、ぜひご相談ください。

AI導入に使えるその他の補助金

【AI導入に使える補助金】IT導入補助金

IT導入補助金は、中小企業が業務を効率化するために必要なITシステムを導入する際、その費用の一部を政府が支援する仕組みです。簡単に言えば、企業がコンピューターやソフトウェアを設置する際に、政府からの財政支援を受けることができる制度ということです。

この補助金は、AIをはじめとする多様なITシステムの導入に応用できます。補助される金額は、導入に必要な費用の一定割合に基づいて決定されます。

【AI導入に使える補助金】小規模事業者持続化補助金

持続可能なビジネス運営を促進するため、中小企業が設備のアップグレードやコスト削減に取り組む際に、経済産業省から支援を受けることができるのが持続化補助金です。

この補助金は、設備の投資や経費の削減を通じて、中小企業が持続可能な経営を実現するためのものです。支給される補助金の額は、投資総額の一部をカバーする割合に基づいています。この割合は最高で3分の2までとなっています。

また、AI技術の導入に関する設備投資にもこの補助金を利用することが可能です。これにより、中小企業はAI導入にかかる経済的負担を軽減できます。

【AI導入に使える補助金】ものづくり補助金

ものづくり補助金は、製造業界における新商品開発や製造プロセスの改善、生産効率の向上などの取り組みに国が財政支援を提供する制度です。この制度は特に中小企業に焦点を当て、新規事業の開始や技術革新を促進するための支援を行います。さらに、AIを利用した生産性の向上も支援の対象です。

この補助金では、投資にかかる費用の一部をカバーする割合で補助額が決定されます。提供される補助金の最大額は1億円に達することがあり、補助率は最大で半分に設定されています。

製造業者が新しい商品の開発や生産効率の改善に取り組む際、ものづくり補助金を活用することにより、経済的なサポートを受けることが可能です。

ものづくり補助金の申請は行政書士と中小企業診断士にお任せください

ものづくり補助金の申請は行政書士野崎明穂事務所にお任せください ものづくり補助金を採択率の高い専門家チームが申請代行します! 中小企業の成長を支援 - 行政書士と中…

【AI導入に使える補助金】事業再構築補助金

事業再構築補助金は、新型コロナウイルスや原油高騰・物価高騰の影響で経営に困難を抱える企業に対し、経済産業省が提供する補助金です。

この補助金の目的は、企業が新しいビジネスモデルを開発し、事業を再構築する過程で必要となる費用の一部を支援することです。AI技術を駆使した革新的なビジネスモデルの開発にもこの補助金が活用できます。

補助される金額は、必要な投資費用の一定割合に基づいて定められ、その補助率は最大で3分の2です。

事業再構築補助金の申請代行もお任せください

事業再構築補助金申請支援

当事務所では、事業再構築補助金の第1回公募から現在まで申請支援を行っており、その実績は累計補助金獲得額10億円以上になっています。

事業再構築補助金の申請は我々にお任せください!

まとめ:AI導入の道を切り開く「省人化・省力化補助金」

1.「省人化・省力化補助金」を活用することで、AI技術の導入に伴う初期投資の負担を大きく軽減できる。

2.補助金活用は、ビジネスの効率化、コスト削減、競争力の向上という点で、企業にとって大きなチャンス。

3.補助金の申請は手間がかかる場合も。専門家にサポートを頼めばスムーズに補助金が受給できる。

4.行政書士野崎明穂事務所は、補助金申請代行を行える行政書士と、経営アドバイスのできる中小企業診断士が補助金の申請支援をしてくれる!

行政書士野崎明穂事務所は、補助金申請の専門家である行政書士と、中小企業診断士が連携し、申請プロセスのあらゆる段階でサポートを提供します。私たちは、お客様のビジネスが新たな技術を活用し、さらなる成長を遂げるお手伝いをすることを約束します。

最新の補助金申請情報については、当ブログで随時更新し、皆様に提供いたします。

AI導入に関する疑問や、補助金の申請代行に関するご相談があれば、いつでも行政書士野崎明穂事務所までお気軽にお問い合わせください。

皆様のビジネスの未来に光を当てるための一歩を、私たちと共に踏み出しましょう!!

省人化省力化補助金の申請支援 ご予約・お申し込みはこちら

早めのお申込み・ご相談が補助金獲得への近道です

    AI導入補助金(省人化・省力化補助金)の申請代行対応地域

    47都道府県、北海道から沖縄まですべてサポート!

    北海道/青森県/岩手県/宮城県/秋田県/山形県/福島県/茨城県/栃木県/群馬県/埼玉県/千葉県/東京都/神奈川県/新潟県/富山県/石川県/福井県/山梨県/長野県/岐阜県/静岡県/愛知県/三重県/滋賀県/京都府/大阪府/兵庫県/奈良県/和歌山県/鳥取県/島根県/岡山県/広島県/山口県/徳島県/香川県/愛媛県/高知県/福岡県/佐賀県/長崎県/熊本県/大分県/宮崎県/鹿児島県/沖縄県

    省人化・省力化補助金関連記事

    省人化省力化補助金(中小企業省力化投資補助金)の概要をわかりやすく解説

    2024年開始の省人化省力化補助金に大注目! 令和5年度補正予算案が発表され、新たな補助金である「省人化・省力化補助金(中小企業省力化投資補助金)」に注目が集まって…

    インボイス対応で活用できる補助金とは? - 新制度「省人化・省力化補助金」の概要

    インボイス制度の基礎知識 - 何が変わるのか? インボイス制度は、消費税の透明性を高め、税の適正な納付を促進するための新たな制度です。この制度の導入により、事業者…

    【2024年注目の「省人化・省力化」】中小企業は補助金を賢く活用しよう

    省人化・省力化とは?その違いと意味を解説 省人化とは何か、その明確な定義と目的 「省人化」とは、仕事をする上で必要な人の数を減らし、より少ない人数で効率よく作業…

    工場の省人化事例を解説!業務効率化・人手不足解消のメリット

    工場省人化の意味とは?省人化・省力化・自動化・少人化の違いを解説 省人化・省力化の違い 省人化とは? 省人化とは、業務の工程を見直して、不要な作業を省くことなどに…

    【建設業界の人手不足解消】省人化・省力化補助金の申請代行(申請サポート)!

    行政書士野崎明穂事務所では、建設業界の中小企業・個人事業主様の省人化省力化補助金活用を支援いたします。人手不足問題が顕著な建設業界では、省人化・省力化の推進が…

    【介護業界の人手不足解消】省人化・省力化補助金の申請代行(申請サポート)

    行政書士野崎明穂事務所では、介護福祉業界の中小企業・個人事業主様の省人化省力化補助金活用を支援いたします。人手不足問題が顕著な介護・福祉業界では、省人化・省力…

    製造業界の人手不足は何が原因?解消に有効な省人化・省力化補助金を紹介・申請代行も

    製造業における人手不足問題は慢性化しています。人手不足問題を解消するために、省人化・省力化補助金を賢く活用してみませんか? この記事では、製造業における人手不足…

    ★省人化・省力化補助金の申請代行はお任せください★

    事業再構築補助金・ものづくり補助金の記事

    事業再構築補助金とは?活用事例・補助金額などを解説!

    史上最大規模の補助金、事業再構築補助金について解説しています。申請サポートのご紹介や、ご自身で応募する際の注意点なども説明しています。

    事業再構築補助金
    気を付けて!!根抵当権の設定はNGです。事業再構築補助金の建物費
    【事業再構築補助金の建物費】抵当権の設定には事前承認が必要です
    事業再構築補助金
    事業再構築補助金実績報告の流れ・必要書類・注意点
    事業再構築補助金の実績報告を解説・必要書類や注意点・申請サポートについて
    事業再構築補助金
    事業再構築補助金交付申請の必要書類を解説
    事業再構築補助金の交付申請とは?必要書類と注意点を解説
    事業再構築補助金
    事業再構築補助金採択後手続き申請サポート
    事業再構築補助金採択後の手続き【行政書士が申請サポート】
    事業再構築補助金
    電子申請支援
    事業再構築補助金の電子申請方法を行政書士が解説
    事業再構築補助金
    事業再構築補助金の応募後にしておくこと
    ものづくり補助金の申請は行政書士と中小企業診断士にお任せください

    ものづくり補助金の申請は行政書士野崎明穂事務所にお任せください ものづくり補助金を採択率の高い専門家チームが申請代行します! 中小企業の成長を支援 - 行政書士と中…

    補助金申請支援メニュー

    補助金申請支援代行料金