【2024年問題】物流・運送業界への影響と対応策や補助金をわかりやすく解説

物流・運送業界の2024年問題・働き方改革についてわかりやすく解説

2024年問題が物流・運送業界に大きな波をもたらしています。この記事では、法改正の影響、業界の対応策、将来の展望を分かりやすく解説します。

目次

「2024年問題」の概要と関連法改正

2024年問題とは何か-わかりやすく解説

「2024年問題」とは、働き方改革に伴い生じる労働市場の変化のことです。

この変化は、労働時間の短縮、休暇の義務化など、働く環境全体に影響を及ぼします。

特に物流・運送業界では、これらの変更が運転手の勤務体系や企業の業務運営に大きな影響を与えることが予想されます。

働き方改革関連法をわかりやすく!

働き方改革関連法には、労働時間の上限設定や休暇の義務化などが含まれます。

これらの法改正は、労働者の健康と福祉を促進することを目的としています。

しかし、これによって企業は人手不足や業務の見直しを迫られる可能性があり、特に物流・運送業界においては、配送スケジュールや人員配置の再考が必要になるでしょう。

労働者にとっては嬉しい改革だけど、経営者にとっては大変なんだね!

行政書士

経営者にとっては、今までのやり方では仕事が回らなくなる可能性があるので、人材確保や、少人数でも回せる仕組みを考える必要がありますね

建設業界と物流・運送業界に大きな影響

建設業や運送業においては、これらの法改正が業務運営に与える影響が特に大きいです。

たとえば、運送業界では、ドライバーの勤務時間の短縮が物流の遅延を招く可能性があります。

このような課題に対応するためには、業務のデジタル化や効率化、さらには新しい人材の確保と育成が鍵となるでしょう。

「2024年問題」の物流・運送業界への影響

ドライバーへの影響と現状

ドライバーにとって、勤務時間の短縮は収入減少につながる可能性があります。

しかし、一方で、労働条件の改善や健康面でのメリットも期待されます。企業は、効率的な勤務スケジュールの作成や、ドライバーの福利厚生の向上を図る必要があるでしょう。

物流企業や運送会社、荷主への影響とリスク

物流企業や運送会社にとっては、新しい法制度への対応が急務です。

これには、勤務体系の見直しや人員の追加が必要となる可能性が高いです。

また、荷主にとっては、運送コストの上昇や配送の遅延が懸念されます。こうした変化に対応するためには、より効率的な物流プロセスの構築が求められます。

労働環境、収入、給料の変化

物流・運送業界における労働環境は、法改正により大きく変わることが予想されます。これには、勤務時間の短縮や休暇の増加が含まれますが、収入や給料にも影響が及ぶ可能性があります。これらの変化に適応するためには、企業は従業員のニーズを理解し、適切な対応策を講じる必要があります。

「2024年問題」対応策と事例

労働時間の制限と時間外労働の管理

労働時間の制限と時間外労働の管理は、企業にとって重要な課題です。これに対応するためには、勤務スケジュールの最適化や時間外労働の厳格な管理が必要です。また、効率的な業務運営のためには、デジタルツールの活用や業務プロセスの見直しも考慮されるべきです。

デジタル化・DXの活用と事例

DXのイメージ

デジタル化やDX(デジタルトランスフォーメーション)の活用は、物流・運送業界において非常に重要です。これにより、業務効率が向上し、コスト削減が実現されます。実際の事例としては、GPSトラッキングシステムの導入や、AIによる最適なルート計算などが挙げられます。

配送管理や勤怠の改善戦略

配送管理や勤怠管理の改善は、業務の効率化と従業員の満足度向上の両面で重要です。具体的な改善戦略には、リアルタイムの配送追跡システムの導入や、自動化された勤怠管理システムの利用が含まれます。これにより、運送プロセスの透明性が高まり、従業員の労働条件が改善されることが期待されます。

2024年問題対策に省人化・省力化補助金を活用しDX化を推進!

2024年に開始される省人化・省力化補助金は、企業の業務効率化ツール(ロボット・AI・IoT製品やシステム)の導入を支援する補助金です。

この補助金を活用することで、省人化・省力化、つまり、従業員の労力を削減し、人手不足問題に対応することが可能になります。

2024年問題に対応するための補助金があるんだね!

行政書士

2024年は働き方改革以外にも、2023年に始まったインボイス対策などもあり、企業は大変ですよね。
人手不足や新たな制度への対応に苦労している企業のために、省人化・省力化補助金が始まります。
詳しくはこの記事の最後で解説しているので、ぜひ読んでみてください。

豆知識:省人化・省力化とDX化

DX化(デジタルトランスフォーメーション)とは、デジタル技術を活用してビジネスモデルや業務プロセス、組織文化などを根本的に変革し、新たな価値を創出することを指します。これには、ビッグデータの活用、クラウドコンピューティング、AI(人工知能)技術の導入などが含まれます。

一方、省人化・省力化は、人的資源を削減または効率的に活用することに主眼を置いた取り組みです。これには、自動化技術の導入、業務プロセスの最適化、労働集約型の作業の軽減などが含まれます。

DX化と省人化・省力化の違いは、主に焦点の置き方にあります。DX化は、デジタル技術を活用してビジネス全体を革新し、新しい価値を生み出すことを目指します。一方、省人化・省力化は、既存の業務やプロセスをより効率的にすることに重点を置いています。

DX化は、省人化・省力化を含むより広範な概念であり、ビジネスモデル自体の変革をも含むという点で異なります。

「2024年問題」への業界全体の取り組み

物流2024年問題のイメージ

トラック協会の見解と提言

トラック協会などの業界団体は、2024年問題への対応として、業界全体の協力と共同の取り組みを提言しています。これには、労働時間の管理や労働条件の改善、さらには新しい技術の導入などが含まれます。これらの取り組みは、業界全体の持続可能な成長と労働者の福祉の向上に寄与することが期待されます。

物流コストの上昇と配送料引上げの動き

働き方改革と法改正により、物流業界では運営コストの増加が顕著になっています。特にドライバーの労働時間制限により、配送効率が低下し、それを補うための追加人員の採用やシフトの再編成が必要になってきました。これにより、運送会社は運賃の引き上げを余儀なくされています。結果として、消費者にもコストの増加が反映される可能性が高く、物流業界全体でこの新たな経済環境に適応する必要があります。長期的には、デジタル技術の導入による効率化が解決策の一つとなるでしょう。

勤務間インターバル制度の理解と適用

勤務間インターバル制度は、労働者の健康を守るための重要な施策です。この制度により、ドライバーは十分な休息を取ることが義務付けられ、長時間労働による健康リスクが軽減されます。しかし、この制度の導入には企業側の調整が必要です。具体的には、勤務スケジュールの見直しや、必要な場合は人員の増加が求められます。結論として、勤務間インターバル制度は労働者の福祉向上に寄与するものの、企業側にとっては運営の見直しが必要な課題です。

人材確保と労働環境の改善:事業者の課題と対策

物流業界は、特にドライバーの不足により、人材確保が喫緊の課題となっています。解決策としては、労働条件の改善やキャリアアップの機会の提供、さらには働き方の多様化が挙げられます。例えば、柔軟なシフト制度の導入や、非正規雇用の正社員化が有効です。結論として、企業は従業員の満足度を高めることで人材の確保と定着を目指す必要があります。

労働力の確保と待遇改善への取り組み事例

物流業界では、待遇の改善と労働環境の向上が重要です。例えば、一部の企業ではドライバーの給与を見直し、長期的なキャリア形成を支援するための教育プログラムを導入しています。これらの取り組みは、労働力の確保と離職率の低下に寄与しています。結論として、待遇の改善と働きやすい環境の提供は、人材の確保と業界の持続可能な成長に不可欠です。

人事・労務管理の強化の具体的な手法

最後に、人事・労務管理の強化について触れます。デジタルツールの活用により、労働時間の管理や業務効率の向上が可能になります。また、従業員の健康や福祉に配慮したプログラムの導入も重要です。具体的には、メンタルヘルスのサポートや、健康促進のためのイニシアティブが挙げられます。結論として、効果的な人事・労務管理は、企業の生産性向上と労働者の満足度向上の両方に貢献します。

【2024年問題対応策】人手不足・働き方改革の対応に補助金を活用すべき

2024年問題に対応するために活用できる補助金は以下のものが考えられます。

  • 省人化・省力化補助金【2024年開始!注目の補助金】
  • ものづくり補助金
  • IT導入補助金

2024年大注目の補助金!省人化省力化補助金とは?

中小企業等の売上拡大や生産性向上を後押しするために、人手不足に悩む中小企業等に対して、省力化投資を支援する補助金です。
これにより、中小企業等の付加価値額や生産性向上を図り、賃上げにもつなげることを目的と
しています。

省人化・省力化補助金の予算規模は1000億円(中小企業省力化投資補助金の予算)

経済産業省「令和5年度補正予算の事業概要」より「中小企業省力化投資補助事業」(省人化・省力化補助金)の概要資料
経済産業省「令和5年度補正予算の事業概要」より抜粋

予算規模は1000億円と多く予定されており、多くの事業者が補助対象者となることが予想されます。

省人化・省力化補助金の補助対象製品

効率化・自動化のできる製品を導入し、人手不足を解消!人件費などのコストも削減できます!

ロボット製品

  • 配膳ロボットや清掃ロボット
  • 産業用ロボット
  • 介護用ロボット
  • ドローン
  • 受付ロボット

AI製品

  • AIの音声認識や自然言語処理技術を利用したシステム
  • AIチャットボット
  • 入退室の管理業務AI
  • 生産工程を自動化するFA(ファクトリー・オートメーション)へAIの活用
  • セルフレジのシステム

IoT製品

IoTとは、インターネットを通じて、センサーや通信機能を持った物(製品)のことです。
身近な例でいえば、スマホからオンオフできるエアコンなどの家電、生体反応を感知して計測するスマートウォッチなどがあります。
企業の省人化・省力化に使用できるIoT製品が補助対象になります。

これらの製品を補助金を活用して導入することはもちろん、このような製品を取り扱う販売店様は、省人化・省力化補助金のカタログ登録をすることで売上を伸ばすことも可能だと考えられます。省人化・省力化製品を取り扱っている事業者様は、ベンダー登録もご検討ください。(詳しくは下記記事をご覧ください)

省人化・省力化補助金のカタログ登録・ベンダー登録支援!申請代行を承ります

2024年大注目の補助金、省人化・省力化補助金。カタログ型の補助金であるため、カタログに掲載されれば自社製品の売上アップができる可能性が高いです。 省人化・省力化補…

省人化・省力化補助金の補助金額・補助率

最大補助金額はなんと1500万円!

従業員数5名以下
200万円(300万円)


従業員数6~20名
500万円(750万円)


従業員数21名以上
1000万円(1500万円)


※賃上げ要件を達成した場合、()内の値に補助上限額を引き上げ

補助率は1/2です。導入したい製品の半額が補助されることになります。

省人化省力化補助金の申請代行(申請サポート)は行政書士野崎明穂事務所へ

省人化・省力化補助金の申請サポートは行政書士野崎明穂事務所へ

行政書士野崎明穂事務所は、事業再構築補助金や各種支援金・給付金の申請支援経験(累計総額10億円以上、申請支援者数300社以上)を活かし、省人化省力化補助金の申請支援を行います。

省人化・省力化補助金の申請サポートを依頼するメリット

士業集団

行政書士・中小企業診断士(国家資格者)が対応!

行政手続きの代行を独占業務とする行政書士と、中小企業の経営改善・問題解決を得意とする中小企業診断士が、補助金申請をサポートいたします。

正確・迅速な対応はもちろん、本当に補助金活用をしてメリットがあるのかどうか、製品導入においての注意点などもアドバイスをさせていただくことが可能です。
また、補助金は最初に自己資金での投資が必要になりますが、その際の資金調達(銀行融資支援)も行うことが可能です。

手間のかかる書類作成・申請作業を代行!

補助金の申請は、要件把握から電子申請手続き、書類の作成・整理、事務局からの補正連絡への修正対応など、意外と手間がかかってしまうものですが、それらの面倒な作業はすべて行政書士が代行させていただきます。

パソコンが苦手な方も補助金申請できます!

忙しい経営者の方も安心です!

ものづくり補助金・事業再構築補助金もお任せください!

省人化省力化補助金以外にも、ものづくり補助金や事業再構築補助金などの補助金申請もご支援させていただきます。

活用できる補助金があるかを無料診断しておりますのでお気軽にご相談ください。

省人化・省力化補助金の申請をサポートする専門家(行政書士・中小企業診断士)

野崎 明穂

のざき あきほ

行政書士

補助金支援チームを組織化し、事業再構築補助金をメインに、各種補助金や給付金の支援を行っています。
「法律や行政の仕組みを知らずに損する人を減らしたい」という想いで行政書士となりました。
事務手続きやパソコンが苦手な方でも補助金を得られる仕組みを実現しています。
省人化・省力化補助金の申請についても、お客様の負担を最大限減らし、スムーズに補助金が受け取れるようにサポートさせて頂きます。

Profile Picture

森本 晃弘

もりもと あきひろ

中小企業診断士・認定経営革新等支援機関

連結会計コンサル、プロジェクトマネージャーを経験後、新規事業コンサルとしての活動を主としています。
技術研究リード、ロビー活動、知財戦略検討、事業計画策定,資金調達など幅広く対応することが可能です。
事業再構築補助金では高額で難易度の高い申請を主に担当し、採択させてきた実績があります。
省人化・省力化補助金の申請サポートもお任せください。

Profile Picture

酒井 淳

さかい あつし

行政書士

「相談しやすい行政書士」をモットーに、むずかしい専門用語を一切使わず、わかりやすい説明を心がけております。
補助金・創業融資の支援が得意な行政書士です!
補助金支援においては、必要書類が多くなりますが、それらの優先度を分けたり、リマインドを行ったり、お客様の書類収集を丁寧にサポートしております。集めた書類の整理・分類・申請も得意ですので、お任せください。

Profile Picture

省人化・省力化補助金のことはお気軽にご相談ください!

補助金のご相談・代行依頼はこちら↓

    省人化・省力化補助金・その他補助金の関連記事

    物流・運送業界の省人化省力化補助金を申請代行致します!人手不足・働き方改革対策に

    2024年問題・働き方改革に直面し、人材確保や業務の見直しが必要となっている物流・運送業界。人手不足問題を解消するために、省人化・省力化補助金を賢く活用してみませ…

    省人化省力化補助金(中小企業省力化投資補助金)の概要をわかりやすく解説

    2024年開始の省人化省力化補助金に大注目! 令和5年度補正予算案が発表され、新たな補助金である「省人化・省力化補助金(中小企業省力化投資補助金)」に注目が集まって…

    ものづくり補助金の申請は行政書士野崎明穂事務所へお任せください
    事業再構築補助金申請支援
    省人化・省力化補助金
    省人化省力化補助金を現役行政書士がわかりやすく解説します
    省人化省力化補助金をわかりやすく動画で解説
    省人化・省力化補助金
    物流・運送業界の2024年問題・働き方改革についてわかりやすく解説
    【2024年問題】物流・運送業界への影響と対応策や補助金をわかりやすく解説
    省人化・省力化補助金
    配膳ロボット導入に補助金を賢く活用しよう
    配膳ロボット導入のメリットとは?活用できる補助金も解説
    省人化・省力化補助金
    介護ロボット導入に省人化・省力化補助金を活用
    介護ロボット導入で介護業界の人手不足問題を解消・補助金活用で初期コスト低減
    省人化・省力化補助金
    製造業のスマートファクトリー・DX化について。使える補助金も解説。
    【製造業界注目】スマートファクトリーと工場のDX化とは?使える補助金も紹介
    省人化・省力化補助金
    AI導入に使える補助金を紹介!申請サポートも行います!
    【最大1500万円】中小企業必見!AI導入補助金「省人化・省力化補助金」とは?
    省人化・省力化補助金
    2024年注目のキーワード「省人化・省力化」補助金活用について
    【2024年注目の「省人化・省力化」】中小企業は補助金を賢く活用しよう
    省人化・省力化補助金
    省人化・省力化補助金の活用で介護業界の労働環境改善・人手不足問題を解消しよう
    介護業界の未来を切り開く:省人化省力化補助金活用
    省人化・省力化補助金
    インボイス対策に使える補助金制度の紹介
    インボイス対応で活用できる補助金とは? - 新制度「省人化・省力化補助金」の概要