配膳ロボット導入のメリットとは?活用できる補助金も解説

配膳ロボット導入に補助金を賢く活用しよう

配膳ロボット導入のメリットとは?

飲食業界の人手不足解消への効果

飲食業界では、人手不足が長年の課題となっています。配膳ロボットの導入により、この問題に対する効果的な解決策を提供することができます。ロボットは継続的に安定したサービスを提供し、人材不足による業務の遅延やサービス品質の低下を防ぎます。

人件費削減と効率化による経済的なメリット

配膳ロボットの導入により、人件費の削減と業務の効率化が実現します。人間の従業員に比べて、ロボットは長時間の労働や休憩の必要がなく、経済的にも大きなメリットをもたらします。

顧客満足度向上の角度から見たメリット

配膳ロボットは、迅速かつ正確なサービスを提供することで、顧客満足度を向上させます。また、ロボットによるユニークなサービス体験は、顧客に新たな楽しみを提供し、リピート率の向上にもつながります。

エンターテインメントとしての機能

配膳ロボットは、単なる機能的な存在にとどまらず、エンターテインメントとしての役割も果たします。ロボットの動きやデザインは、飲食体験に新鮮な刺激を与え、客層の拡大にも寄与します。

特に子供が訪れる飲食店では、ロボット目当ての顧客も増えることでしょう。

配膳ロボットの活用事例とは?

BellaBotやServiなど、メーカー別配膳ロボットの特徴と価格

BellaBotやServiなどの配膳ロボットは、それぞれ独自の特徴と価格帯を持っています。BellaBotは人間に近い動きをし、Serviは高い効率性を誇ります。それぞれのロボットは、異なるニーズに応じた選択肢を提供します。

飲食店での配膳ロボット導入事例

多くの飲食店では、配膳ロボットが効率的なサービス提供のために導入されています。これらの事例からは、ロボット導入によるサービスのスムーズ化や顧客体験の向上が明らかになります。

配膳ロボットの導入は、世界中の飲食店で注目を集めています。例えば、日本の有名チェーン店「くら寿司」や「焼肉きんぐ」は、配膳ロボットを積極的に導入しています。これらのロボットは、お客様のテーブルまで注文された料理を届けることで、スタッフの労働負担を軽減し、サービスの迅速化に貢献しています。

また、アメリカのレストランチェーン「Chili's Grill & Bar」では、Serviというロボットが導入されています。Serviは、食事や飲み物の配膳、さらには食器の回収にも使用されており、効率的なサービス提供と人件費の削減に大きく寄与しています。

さらに、シンガポールのレストラン「Timbre Group」では、配膳ロボットが活躍しており、特に混雑時の待ち時間の短縮や注文の正確性向上に効果を発揮しています。これらのロボットは、特に人手不足が顕著なピークタイムにおいて、人間のスタッフを大いにサポートしています。

これらの事例から分かるように、配膳ロボットの導入は、飲食店の運営を効率化し、顧客満足度の向上に貢献しているのです。これらのロボットは、単なる労働力としてではなく、レストランのサービス品質を向上させるための重要なツールとして機能しています。

配膳ロボットが果たす役割

配膳ロボットは、注文の受け取りから配膳までのプロセスを自動化し、人間の従業員がより重要な業務に集中できるようにします。これにより、全体のサービス効率と品質が向上します。

配膳ロボット導入における課題とは?

配膳ロボット導入に伴うコスト問題と補助金の存在

配膳ロボットの導入は、初期投資として高額なコストがかかる場合があります。これは特に中小規模の飲食店にとって大きな負担になり得ます。しかし、政府や自治体からの補助金や助成金が提供されるケースもあり、これにより導入の敷居が下がることが期待されています。

配膳ロボット導入に使える補助金!? 「省人化・省力化補助金」

省人化省力化補助金(中小企業省力化投資補助金)の概要をわかりやすく解説

2024年開始の省人化省力化補助金に大注目! 令和5年度補正予算案が発表され、新たな補助金である「省人化・省力化補助金(中小企業省力化投資補助金)」に注目が集まって…

レストランでの配膳ロボット導入に伴う課題

配膳ロボットを導入する際には、店舗のレイアウトの変更やスタッフの研修など、さまざまな調整が必要になります。また、ロボットのメンテナンスやトラブル時の対応も重要な課題です。

デメリットと反対意見、対策方法

配膳ロボットの導入には、顧客からの反対意見もあります。一部の顧客は人間のウェイターやウェイトレスによる温かみのあるサービスを好むため、ロボット導入が顧客離れを招く可能性もあります。これに対する対策として、ロボットと人間のスタッフの適切なバランスを見つけることが重要です。

配膳ロボット導入の手順とは?

導入を検討する際の基本的なポイント

配膳ロボットを導入する際には、コスト、スペースの利用、およびロボットの性能を考慮する必要があります。また、店舗のコンセプトやターゲット顧客層に合ったロボットを選ぶことも重要です。

店舗内の環境と配膳ロボットの連携

店舗のレイアウトをロボットが効率的に動けるように調整し、ロボットと人間のスタッフがスムーズに連携できるようにすることが重要です。また、顧客とロボットのインタラクションも考慮に入れる必要があります。

ロボットの運用と管理方法

ロボットの運用には、定期的なメンテナンスやトラブルシューティングが必要です。また、スタッフがロボットの操作に慣れるように適切な研修を行うことも大切です。

配膳ロボットが飲食業界に与える影響とは?

飲食店におけるDX推進の一環としての配膳ロボット

配膳ロボットの導入は、飲食店におけるデジタルトランスフォーメーション(DX)の一環と見ることができます。これにより、店舗運営の効率化や顧客体験の向上が期待されます。

DX化とは?


DX化、つまり「デジタルトランスフォーメーション」は、デジタル技術を活用して、企業や業界のビジネスモデルや運営方法を根本的に変革することを指します。

飲食業におけるDX化の具体例

オンライン注文システムの導入

顧客がスマートフォンやコンピュータを使って、レストランのメニューを閲覧し、食事を注文できるシステム。

テイクアウトやデリバリーサービスへの対応が容易になり、新たな顧客層を獲得。

POSシステムのデジタル化

注文、支払い、在庫管理をデジタル化することで、業務の効率化と精度の向上。

データを活用して、人気のメニューや顧客の傾向を分析し、ビジネス戦略を練るのに役立つ。

ソーシャルメディアとの統合

レストランのプロモーションや顧客とのコミュニケーションをオンラインで行う。

レビューや写真の共有を通じて、顧客からのフィードバックを受け取りやすくなる。

配膳ロボットや自動化機器の導入

効率的な配膳、調理、清掃など、レストランの運営を自動化。

スタッフの負担軽減とサービス品質の向上。

非接触サービスの提供

コロナウイルス感染症の流行を受け、非接触型の注文や支払いシステムが重要に。

安全性の向上と顧客の安心感の提供。

これらの例は、デジタル技術を活用して、飲食業の運営方法を効率的かつ効果的に変革し、顧客体験を向上させるための方法です。DX化は単に新しいテクノロジーを導入すること以上に、ビジネスモデル自体の変革を意味し、競争力の強化と持続可能な成長を目指します。

配膳ロボットによる非接触・自動化サービス提供の可能性

新型コロナウイルスの流行により、非接触サービスの重要性が高まっています。配膳ロボットはこのニーズに応えることができ、安全かつ効率的なサービス提供を実現します。

今後の飲食店のサービス形態における配膳ロボットの位置づけ

配膳ロボットは、今後の飲食店のサービス形態に大きな変化をもたらす可能性があります。これにより、レストラン業界全体のサービス品質と顧客体験が向上することが期待されています。

飲食業界の人手不足解消に省人化・省力化補助金を活用しましょう

省人化省力化補助金(中小企業省力化投資補助金)の目的とは?人手不足解消を図る!

中小企業等の売上拡大や生産性向上を後押しするために、人手不足に悩む中小企業等に対して、省力化投資を支援する。
これにより、中小企業等の付加価値額や生産性向上を図り、賃上げにつなげることを目的とする。

https://www.meti.go.jp/main/yosan/yosan_fy2023/hosei/pdf/pr.pdf より引用)

省人化・省力化補助金(中小企業省力化投資補助金)の補助金はいくらもらえる?

気になるのは、いくらまで補助金がもらえるかですが、現在発表されている情報によると、下記のようになります。

従業員数5名以下
200万円(300万円)


従業員数6~20名
500万円(750万円)


従業員数21名以上
1000万円(1500万円)

省人化・省力化補助金の補助率

省人化・省力化補助金の補助率は1/2に設定されています。導入したい製品の半額が補助されるので、今までロボットやAI、IoT製品の導入をためらっていた事業者も積極的に投資することが可能となります。

具体的な補助対象製品はどんなものが考えられる?(省人化・省力化補助金)

ロボットの導入による省人化・省力化

配膳ロボットの写真
  • 配膳ロボットや清掃ロボット
  • 産業用ロボット(検査ロボットやロボットアーム等)
  • 介護用ロボット
  • 農薬散布用ドローンや無人コンバイン
  • 受付ロボット

などが考えられます。

AIの導入による省人化・省力化

  • AIの音声認識や自然言語処理技術を利用したシステム→問い合わせ対応AI
  • AIチャットボット→問い合わせ対応、営業活動
  • 入退室の管理業務にAIを活用
  • 生産工程を自動化するFA(ファクトリー・オートメーション)へAIの活用→傷や汚れの自動判別
  • 画像で商品を認識して精算を行うセルフレジのシステム

などが考えられます。

【最大1500万円】省人化・省力化補助金の補助金額・補助率

最大補助金額はなんと1500万円!

従業員数5名以下
200万円(300万円)


従業員数6~20名
500万円(750万円)


従業員数21名以上
1000万円(1500万円)


※賃上げ要件を達成した場合、()内の値に補助上限額を引き上げ

補助率は1/2です。導入したい製品の半額が補助されることになります。

省人化省力化補助金の申請代行(申請サポート)は行政書士野崎明穂事務所へ

省人化・省力化補助金の申請サポートは行政書士野崎明穂事務所へ

行政書士野崎明穂事務所は、事業再構築補助金や各種支援金・給付金の申請支援経験(累計総額10億円以上、申請支援者数300社以上)を活かし、省人化省力化補助金の申請支援を行います。

省人化・省力化補助金の申請サポートを依頼するメリット

士業集団

行政書士・中小企業診断士(国家資格者)が対応!

行政手続きの代行を独占業務とする行政書士と、中小企業の経営改善・問題解決を得意とする中小企業診断士が、補助金申請をサポートいたします。

正確・迅速な対応はもちろん、本当に補助金活用をしてメリットがあるのかどうか、製品導入においての注意点などもアドバイスをさせていただくことが可能です。
また、補助金は最初に自己資金での投資が必要になりますが、その際の資金調達(銀行融資支援)も行うことが可能です。

手間のかかる書類作成・申請作業を代行!

補助金の申請は、要件把握から電子申請手続き、書類の作成・整理、事務局からの補正連絡への修正対応など、意外と手間がかかってしまうものですが、それらの面倒な作業はすべて行政書士が代行させていただきます。

パソコンが苦手な方も補助金申請できます!

忙しい経営者の方も安心です!

省人化・省力化補助金の申請をサポートする専門家(行政書士・中小企業診断士)

野崎 明穂

のざき あきほ

行政書士

補助金支援チームを組織化し、事業再構築補助金をメインに、各種補助金や給付金の支援を行っています。
「法律や行政の仕組みを知らずに損する人を減らしたい」という想いで行政書士となりました。
事務手続きやパソコンが苦手な方でも補助金を得られる仕組みを実現しています。
省人化・省力化補助金の申請についても、お客様の負担を最大限減らし、スムーズに補助金が受け取れるようにサポートさせて頂きます。

Profile Picture

森本 晃弘

もりもと あきひろ

中小企業診断士・認定経営革新等支援機関

連結会計コンサル、プロジェクトマネージャーを経験後、新規事業コンサルとしての活動を主としています。
技術研究リード、ロビー活動、知財戦略検討、事業計画策定,資金調達など幅広く対応することが可能です。
事業再構築補助金では高額で難易度の高い申請を主に担当し、採択させてきた実績があります。
省人化・省力化補助金の申請サポートもお任せください。

Profile Picture

酒井 淳

さかい あつし

行政書士

「相談しやすい行政書士」をモットーに、むずかしい専門用語を一切使わず、わかりやすい説明を心がけております。
補助金・創業融資の支援が得意な行政書士です!
補助金支援においては、必要書類が多くなりますが、それらの優先度を分けたり、リマインドを行ったり、お客様の書類収集を丁寧にサポートしております。集めた書類の整理・分類・申請も得意ですので、お任せください。

Profile Picture

省人化・省力化補助金のことはお気軽にご相談ください!

省人化省力化補助金のご相談・代行依頼はこちら↓

    省人化・省力化補助金の申請代行対応地域

    省力化補助金の申請代行は全国対応!

    北海道/青森県/岩手県/宮城県/秋田県/山形県/福島県/茨城県/栃木県/群馬県/埼玉県/千葉県/東京都/神奈川県/新潟県/富山県/石川県/福井県/山梨県/長野県/岐阜県/静岡県/愛知県/三重県/滋賀県/京都府/大阪府/兵庫県/奈良県/和歌山県/鳥取県/島根県/岡山県/広島県/山口県/徳島県/香川県/愛媛県/高知県/福岡県/佐賀県/長崎県/熊本県/大分県/宮崎県/鹿児島県/沖縄県

    関連記事

    【全国対応】省人化省力化補助金の申請代行予約【2024年公募開始】

    省人化省力化補助金の申請代行・サポート受付開始 2021年より始まった事業再構築補助金や、ものづくり補助金を中心に、中小企業・個人事業主(フリーランス)に向けた補助…

    省人化・省力化補助金
    省人化省力化補助金を現役行政書士がわかりやすく解説します
    省人化省力化補助金をわかりやすく動画で解説
    事業再構築補助金
    気を付けて!!根抵当権の設定はNGです。事業再構築補助金の建物費
    【事業再構築補助金の建物費】抵当権の設定には事前承認が必要です
    省人化・省力化補助金
    物流・運送業界の2024年問題・働き方改革についてわかりやすく解説
    【2024年問題】物流・運送業界への影響と対応策や補助金をわかりやすく解説
    省人化・省力化補助金
    配膳ロボット導入に補助金を賢く活用しよう
    配膳ロボット導入のメリットとは?活用できる補助金も解説
    省人化・省力化補助金
    介護ロボット導入に省人化・省力化補助金を活用
    介護ロボット導入で介護業界の人手不足問題を解消・補助金活用で初期コスト低減
    省人化・省力化補助金
    製造業のスマートファクトリー・DX化について。使える補助金も解説。
    【製造業界注目】スマートファクトリーと工場のDX化とは?使える補助金も紹介

    ものづくり補助金の申請代行もお任せください

    ものづくり補助金の申請は行政書士と中小企業診断士にお任せください

    ものづくり補助金の申請は行政書士野崎明穂事務所にお任せください ものづくり補助金を採択率の高い専門家チームが申請代行します! 中小企業の成長を支援 - 行政書士と中…

    事業再構築補助金の申請代行もお任せください

    事業再構築補助金の申請代行【行政書士・中小企業診断士】

    第12回公募 事業再構築補助金の申請代行・受付中!【全国対応】 事業再構築補助金を採択率の高い専門家チームが申請代行します! 事業再構築補助金・特別枠採択率100%!…