【2024年注目の「省人化・省力化」】中小企業は補助金を賢く活用しよう

2024年注目のキーワード「省人化・省力化」補助金活用について

省人化・省力化とは?その違いと意味を解説

省人化とは何か、その明確な定義と目的

「省人化」とは、仕事をする上で必要な人の数を減らし、より少ない人数で効率よく作業を進めることを目指す取り組みのことです。この考え方は、いろいろな職場や業界で使われています。例えば、工場では機械を導入して人の代わりに物を作ることや、オフィスではコンピューターを使って手間のかかる事務作業を簡単にすることなどが含まれます。

省人化の主な目的は、仕事の効率を良くして、コストを減らすことです。人がする仕事を機械が代わりにやることで、もっと早く、間違いなく、そして安く仕事を終わらせることができるようになります。また、人がやるには危険な仕事を機械がやることで、安全にも配慮できます。

しかし、省人化には注意も必要です。機械を導入することで仕事がなくなる人も出てくるかもしれません。そのため、新しい技術を学ぶ機会を提供したり、違う仕事に移る支援をするなど、人々が変化に適応できるような対策が大切です。

省人化は、私たちの働き方を効率的で安全なものに変える可能性を持っていますが、人々がそれにうまく対応できるように考えることも重要です。

省力化とは何か、そして省人化との違い

「省力化」とは、仕事をする時にかかる労力や時間を減らすことを目指す取り組みです。これは、仕事をもっと簡単に、速く、効率的にするために様々な工夫をすることを意味します。例えば、工場での重い物を運ぶ作業に機械を使ったり、オフィスでの書類作成をパソコンのソフトウェアで簡単にしたりすることがあります。

一方で、「省人化」とは、仕事をするために必要な人の数を減らすことを意味します。機械やコンピューターを使って、人がやっていた作業を代わりに行うことで、同じ仕事をより少ない人数でできるようにするのが目的です。

省力化と省人化の違いは、省力化が「仕事を楽にする」ことに焦点を当てているのに対し、省人化は「必要な人の数を減らす」ことに重点を置いている点です。

省力化は、作業の負担を減らすことで、従業員のストレスや疲れを軽減し、生産性を高めることを目指します。

省人化は、効率的な作業プロセスを通じて人員を削減し、人件費などのコストを節約することを目指します。

この両方の取り組みは、企業が効率良く動くために重要ですが、従業員の仕事への影響に留意し、バランス良く進めることが大切です。

事例で見る、「省人化・省力化」の成功事例と失敗事例

省人化・省力化の成功事例:効率化と成長のキー

省人化と省力化は、適切に実施されると、業務の効率化、コスト削減、そして企業の成長に大きく貢献します。以下に、その成功事例をいくつか紹介します。

  1. 製造業におけるロボット技術の導入
    • 自動車製造業界でのロボットの利用は、生産性の向上とエラーの減少に大きな成果をもたらしました。組み立てラインにロボットアームを導入することで、作業効率が飛躍的に向上し、人間の労働者はより専門的かつ戦略的な業務に集中できるようになりました。
  2. 物流業界の自動化
    • 物流センターでの自動化は、省人化の良い例です。AIを搭載した自動運搬ロボットの導入により、荷物のピッキングや搬送の効率が向上しました。これにより、人手によるミスが減少し、全体的なオペレーションのスピードが上がりました。
  3. 小売業のデジタル化とセルフレジ導入
    • 小売業界では、セルフレジシステムの導入が効果を発揮しました。顧客は自分で商品をスキャンし、支払いを行うことができるようになり、店員は顧客サポートや商品補充などの他の業務に集中できるようになりました。
  4. 農業におけるドローンの活用
    • 農業分野では、ドローンを使って作物の健康状態を監視し、農薬や肥料の散布を自動化することで、労力と時間を大幅に節約しています。これにより、農業生産性が向上しました。

これらの成功事例から、省人化・省力化がどのように業務プロセスを変革し、企業の成長に寄与するかが見て取れます。しかし、これらの技術を導入する際には、従業員の再教育や業務再配置、顧客の反応なども考慮する必要があります。適切な戦略と実装により、省人化・省力化は企業にとって大きな価値を生み出します。

省人化・省力化の失敗事例

省人化や省力化は多くの業界で注目されていますが、成功ばかりではありません。失敗事例を振り返ることは、省人化・省力化の戦略をうまく進めるための重要な教訓となります。

  1. 過度の自動化による生産性の低下
    • ある製造業企業では、生産ラインのほとんどを自動化しましたが、予期せぬ機械のトラブルやメンテナンスの必要性が高まり、結果として生産性が低下しました。機械の導入は人的エラーを減らす一方で、新たな問題を引き起こすこともあります。
  2. 従業員のスキルマッチングの失敗
    • サービス業のある企業では、オンライン化と自動化を推進しましたが、既存の従業員が新システムに適応できず、顧客サービスの質が低下しました。新技術の導入は従業員のスキルや適応能力を考慮する必要があります。
  3. 顧客満足度の低下
    • 小売業の一部では、セルフレジやオンライン注文システムを導入しましたが、一部の顧客には使いづらく、顧客満足度が低下しました。顧客のニーズと技術導入のバランスが重要です。

これらの事例からわかるように、省人化・省力化は計画的に、従業員のトレーニングや顧客の反応を十分に考慮しながら進める必要があります。また、新技術の導入には、柔軟性と継続的な評価が不可欠です。失敗から学び、改善を重ねることが、成功への鍵となります。

中小企業はどう取り組むべきか?省人化・省力化の方法と注意点

手始めに:業務の見直しと改善、ムダな作業の排除

中小企業が省人化・省力化を進める最初のステップは、業務プロセスの徹底的な見直しと改善です。多くの企業では、無駄な作業や非効率なプロセスが日常的に行われており、これらを排除するだけでも大きな効果が期待できます。

まず、現在の業務フローを細かく分析し、時間のかかる作業や繰り返し行われる手順を洗い出します。次に、これらの作業を必要最小限に抑えるか、完全に排除する方法を検討します。例えば、手作業によるデータ入力作業が多い場合、データ管理システムを導入して自動化することが一つの解決策です。また、書類のデジタル化やクラウドサービスの利用により、情報共有の効率を高めることも可能です。

効率化のための技術導入を検討する際には、コストとリターンを慎重に評価することが重要です。特に中小企業にとっては、初期投資の負担が大きくなりがちですので、低コストで導入できるツールやサービスから始めるのが良いでしょう。

省人化・省力化のための技術導入にかかる初期コストを抑えるために、「省人化・省力化補助金」を活用することも重要です。

また、従業員のスキルや適応能力にも配慮し、必要に応じて研修や教育プログラムを提供することも大切です。

省人化・省力化の取り組みは、従業員のモチベーションや顧客満足度にも影響を与えるため、全体的なビジネス戦略の一環として考え、段階的に進めていくことが成功の鍵です。

部分的な自動化から始める:ロボットやAIの導入

中小企業が省人化・省力化に取り組む際、ロボットやAIの部分的な導入は非常に効果的です。このアプローチでは、まず小規模から始めて、徐々に自動化の範囲を拡大していくことが重要です。全面的な自動化よりもリスクが低く、従業員や経営陣が新しい技術に慣れる時間を確保できます。

例えば、簡単なデータ入力や顧客応対などの定型的な業務にAIを導入することで、従業員はより創造的で価値の高い業務に集中できるようになります。また、ロボットを用いて物流や製造プロセスの一部を自動化することも、生産性の向上に大きく寄与します。

しかし、技術導入にはいくつかの注意点があります。まず、どの業務に自動化を適用するかは慎重に選定する必要があります。全ての業務が自動化に適しているわけではなく、人の判断が必要な業務も多く存在します。また、導入コストと効果のバランスを考慮し、投資回収期間を明確にすることも重要です。

さらに、従業員の技術トレーニングや心理的なサポートを忘れてはなりません。新技術の導入によって仕事の仕方が変わるため、従業員が不安を感じることもあります。従業員を巻き込んだ適切なトレーニングとコミュニケーションにより、スムーズな移行を図ることが可能です。

最終的に、ロボットやAIの導入は、単に労働力を減らすだけではなく、従業員の能力を高め、新たなビジネスチャンスを生み出すきっかけにもなります。

徹底的なDX化(デジタルトランスフォーメーション化)とスマートファクトリーへの取り組み

中小企業が省人化・省力化を目指す上で、DX化(デジタルトランスフォーメーション化)は大きな役割を果たします。これは、従来のビジネスモデルや業務プロセスを根本的にデジタル化し、効率化することを意味します。特に製造業においては、スマートファクトリーの構築が鍵となります。

スマートファクトリーでは、生産設備やプロセスがデジタル技術と連携し、リアルタイムでのデータ分析やプロセスの最適化が可能になります。これにより、生産効率の向上、品質管理の厳密化、コスト削減などが実現できます。例えば、IoT(モノのインターネット)デバイスを活用して機械の稼働状況を監視し、予防保全を行うことができます。

しかし、DX化にはいくつかの注意点があります。まず、全体的なビジネス戦略の中でDXを位置づけ、段階的に進める必要があります。一気に大規模な変更を行うと、業務に支障をきたすリスクが高まります。また、従業員のスキルセットや業務内容の変化に伴うトレーニングとサポート体制の構築も重要です。

中小企業がDX化に成功すれば、市場での競争力が向上し、新たなビジネス機会を掴むことができます。このため、デジタル技術への投資は将来的な成長に向けた重要な一歩となるでしょう。ただし、その過程で従業員や顧客とのコミュニケーションを密にし、変化に対応していく柔軟性を持つことが成功の鍵です。

【補助金を賢く活用】中小企業が省人化・省力化で成功するためのヒント

省人化省力化補助金(中小企業省力化投資補助金)の目的とは?人手不足解消を図る!

中小企業等の売上拡大や生産性向上を後押しするために、人手不足に悩む中小企業等に対して、省力化投資を支援する。
これにより、中小企業等の付加価値額や生産性向上を図り、賃上げにつなげることを目的とする。

https://www.meti.go.jp/main/yosan/yosan_fy2023/hosei/pdf/pr.pdf より引用)

省人化・省力化補助金の補助金額

従業員数5名以下
200万円(300万円)


従業員数6~20名
500万円(750万円)


従業員数21名以上
1000万円(1500万円)

省人化・省力化補助金の補助率

省人化・省力化補助金の補助率は1/2に設定されています。導入したい製品の半額が補助されるので、今までロボットやAI、IoT製品の導入をためらっていた事業者も積極的に投資することが可能となります。

【補助対象経費】最新省力技術:AI、ロボット、デジタル技術

ロボットの導入による省人化・省力化

配膳ロボットの写真
  • 配膳ロボットや清掃ロボット
  • 産業用ロボット(検査ロボットやロボットアーム等)
  • 介護用ロボット
  • 農薬散布用ドローンや無人コンバイン
  • 受付ロボット

などが考えられます。

AIの導入による省人化・省力化

  • AIの音声認識や自然言語処理技術を利用したシステム→問い合わせ対応AI
  • AIチャットボット→問い合わせ対応、営業活動
  • 入退室の管理業務にAIを活用
  • 生産工程を自動化するFA(ファクトリー・オートメーション)へAIの活用→傷や汚れの自動判別
  • 画像で商品を認識して精算を行うセルフレジのシステム

などが考えられます。

IoT製品の導入による省人化・省力化

IoTの図解

IoTを活用することで、製造機械や設備などのデータを収集・分析したり、人間の手で行ってきた作業を自動化・効率化することができます。
生産ラインでの組み立てや点検、品質確認などの作業を自動化・省力化することで、生産性の向上が期待できます。
また、製造機械・設備からIoTを活用し収集したデータを分析すれば、非効率なフローの見直しを行うことが容易になります。

省人化・省力化補助金の活用方法とポイント

省人化・省力化補助金は、中小企業が労働効率を向上させるための重要な支援策です。この補助金を活用する際のポイントは、まず自社の業務プロセスを分析し、どの部分に自動化や効率化の技術を導入するかを明確にすることが大切です。例えば、時間がかかる手作業を自動化するための機械やソフトウェアの導入、データ処理や顧客管理を効率化するためのシステムの更新などが考えられます。

重要なのは、補助金の適用範囲を正確に理解し、申請書類を丁寧に作成することです。また、補助金の申請・省人化・省力化の成功のためには明確な計画と実行可能性が求められるため、導入後の効果やROI(投資対効果)を具体的に検討する必要があります。さらに、補助金の活用は単にコスト削減に留まらず、中長期的なビジネスモデルの改善や新たな市場機会の創出にも繋げるべきです。

省人化・省力化補助金を賢く活用するためには、専門家による申請サポートを利用したほうが安心と言えるでしょう。

省人化・省力化補助金は、中小企業の競争力強化と持続可能な成長を支えるための貴重なリソースです。効果的な活用により、企業の将来を大きく左右する可能性があります。

中小企業・個人事業主の皆様の省人化・省力化補助金活用を支援します!

省人化省力化補助金の申請代行(申請サポート)は行政書士野崎明穂事務所へ

省人化・省力化補助金の申請サポートは行政書士野崎明穂事務所へ

行政書士野崎明穂事務所は、事業再構築補助金や各種支援金・給付金の申請支援経験(累計総額10億円以上、申請支援者数300社以上)を活かし、省人化省力化補助金の申請支援を全国対応で行います。

省人化省力化補助金の申請代行・支援内容

  • 省人化省力化補助金についての最新情報をいち早くお知らせ(メール配信)
  • お客様に合わせて補助金活用できる製品をご提案
  • 補助金応募手続きの事務作業を代行・サポート
  • 行政書士・中小企業診断士という2種類の国家資格者が抜け漏れのない支援を行う
  • 採択後手続きのフォロー
  • その他、応募内容に合わせて支援内容を随時追加

省人化・省力化補助金の申請サポートを依頼するメリット

士業集団

行政書士・中小企業診断士(国家資格者)が対応!

行政手続きの代行を独占業務とする行政書士と、中小企業の経営改善・問題解決を得意とする中小企業診断士が、補助金申請をサポートいたします。

正確・迅速な対応はもちろん、本当に補助金活用をしてメリットがあるのかどうか、製品導入においての注意点などもアドバイスをさせていただくことが可能です。
また、補助金は最初に自己資金での投資が必要になりますが、その際の資金調達(銀行融資支援)も行うことが可能です。

手間のかかる書類作成・申請作業を代行!

補助金の申請は、要件把握から電子申請手続き、書類の作成・整理、事務局からの補正連絡への修正対応など、意外と手間がかかってしまうものですが、それらの面倒な作業はすべて行政書士が代行させていただきます。

パソコンが苦手な方も補助金申請できます!

忙しい経営者の方も安心です!

省人化・省力化補助金の申請をサポートする専門家(行政書士・中小企業診断士)

野崎 明穂

のざき あきほ

行政書士

補助金支援チームを組織化し、事業再構築補助金をメインに、各種補助金や給付金の支援を行っています。
「法律や行政の仕組みを知らずに損する人を減らしたい」という想いで行政書士となりました。
事務手続きやパソコンが苦手な方でも補助金を得られる仕組みを実現しています。
省人化・省力化補助金の申請についても、お客様の負担を最大限減らし、スムーズに補助金が受け取れるようにサポートさせて頂きます。

Profile Picture

森本 晃弘

もりもと あきひろ

中小企業診断士・認定経営革新等支援機関

連結会計コンサル、プロジェクトマネージャーを経験後、新規事業コンサルとしての活動を主としています。
技術研究リード、ロビー活動、知財戦略検討、事業計画策定,資金調達など幅広く対応することが可能です。
事業再構築補助金では高額で難易度の高い申請を主に担当し、採択させてきた実績があります。
省人化・省力化補助金の申請サポートもお任せください。

Profile Picture

酒井 淳

さかい あつし

行政書士

「相談しやすい行政書士」をモットーに、むずかしい専門用語を一切使わず、わかりやすい説明を心がけております。
補助金・創業融資の支援が得意な行政書士です!
補助金支援においては、必要書類が多くなりますが、それらの優先度を分けたり、リマインドを行ったり、お客様の書類収集を丁寧にサポートしております。集めた書類の整理・分類・申請も得意ですので、お任せください。

Profile Picture

忙しい経営者様の代わりに、補助金獲得をお手伝いさせていただきます!
補助金利用で省人化・省力化・DX化をしていきましょう。

省人化省力化補助金のご相談・代行依頼はこちら↓

    省人化・省力化補助金の申請サポート・申請代行対応地域は全国!

    北海道/青森県/岩手県/宮城県/秋田県/山形県/福島県/茨城県/栃木県/群馬県/埼玉県/千葉県/東京都/神奈川県/新潟県/富山県/石川県/福井県/山梨県/長野県/岐阜県/静岡県/愛知県/三重県/滋賀県/京都府/大阪府/兵庫県/奈良県/和歌山県/鳥取県/島根県/岡山県/広島県/山口県/徳島県/香川県/愛媛県/高知県/福岡県/佐賀県/長崎県/熊本県/大分県/宮崎県/鹿児島県/沖縄県

    業務現場での省人化・省力化:具体的な取り組みとその効果

    製造業における人手不足の解消と生産性向上

    製造業界における省人化・省力化の取り組みは、人手不足の問題解消と生産性の向上に直接的な効果をもたらしています。具体的なアプローチとしては、自動化ロボットの導入やAIによる生産ラインの最適化が挙げられます。これらの技術は、連続的かつ精密な作業を人手を介さずに実行できるため、生産効率の大幅な向上を実現しています。

    特に、ロボットアームの使用は、単純作業の自動化だけでなく、人間には困難な精密作業を可能にし、製品の品質を向上させています。また、AIを利用した生産管理システムは、需要の予測や在庫管理を効率化し、無駄な資源の消費を減らしています。

    これらの取り組みは、従業員を単調で疲れる作業から解放し、より創造的かつ戦略的な業務に集中させることができます。結果として、企業は人手不足の問題を軽減し、同時に市場競争力を高めることが可能となっています。しかし、技術導入に際しては、従業員のスキルアップや新たな業務への適応を支援することが重要で、これによりスムーズな移行と持続可能な成長が促進されます。

    <あわせて読みたい関連記事>

    工場の省人化事例を解説!業務効率化・人手不足解消のメリット

    工場省人化の意味とは?省人化・省力化・自動化・少人化の違いを解説 省人化・省力化の違い 省人化とは? 省人化とは、業務の工程を見直して、不要な作業を省くことなどに…

    物流業の自動化:ピッキング、搬送、梱包作業の効率化

    物流業界における自動化は、ピッキング、搬送、梱包作業の効率化を実現し、業務の速度と精度を大幅に向上させています。ピッキング作業では、ロボットやAIを活用したシステムが商品の取り出しと整理を迅速かつ正確に行い、人手による作業負担を大きく軽減しています。特に、オンラインショッピングの増加に伴い、迅速な商品のピッキングは物流業務の効率化に不可欠です。

    搬送作業においても、自動搬送ロボット(AGV:Automated Guided Vehicle)が広く導入され、倉庫内での商品の移動や整理を効率的に行っています。これにより、従業員はより複雑な業務や顧客対応に集中できるようになります。

    また、梱包作業における自動化は、包装速度の向上と資材の節約を実現し、全体的なコスト削減に寄与しています。自動化機械は、さまざまなサイズや形状の商品に対応可能で、作業効率の向上だけでなく、廃棄物の減少にも貢献しています。

    これらの自動化技術は、物流業界における人手不足を解消し、生産性の向上に大きく貢献しています。また、労働環境の改善と作業員の安全性向上にも繋がっています。

    介護業界の省人化・省力化への取り組み

    介護業界は、高齢化社会の進展に伴い、人手不足に直面しています。この問題に対処するため、多くの介護施設やサービス提供者は省人化・省力化への取り組みを進めています。具体的には、移乗支援ロボットや歩行支援機器の導入により、介護職員の肉体的負担を軽減し、効率的なケアの提供を可能にしています。また、センサー技術やモニタリングシステムの利用によって、利用者の安全を確保しつつ、必要な時にのみ介護職員が介入するようなシステムが開発されています。これらの技術は、介護職員の負担を軽減し、同時に利用者の生活の質を向上させる効果が期待されています。省人化・省力化は、介護業界における持続可能な発展を実現するための重要な戦略です。

    【介護業界の人手不足解消】省人化・省力化補助金の申請代行(申請サポート)

    行政書士野崎明穂事務所では、介護福祉業界の中小企業・個人事業主様の省人化省力化補助金活用を支援いたします。人手不足問題が顕著な介護・福祉業界では、省人化・省力…

    建設業界の省人化・省力化への取り組み

    建設業界では、省人化・省力化が重要なテーマとなっています。人手不足や高齢化労働力の問題に対応するため、多くの企業が技術革新に注目しています。具体的には、自動化された建設機械の導入や、ドローンを利用した現場の監視、3Dプリンティング技術による部材の製造などが進んでいます。これらの技術は、従来の人手に頼っていた作業を効率的かつ安全に行うことを可能にし、作業時間の短縮やコスト削減にも繋がっています。また、VR(仮想現実)を活用した作業のシミュレーションにより、ミスの減少や作業の効率化が図られています。これらの省人化・省力化の取り組みは、建設業界の生産性向上と持続可能な発展に寄与しています。

    【建設業界の人手不足解消】省人化・省力化補助金の申請代行(申請サポート)!

    行政書士野崎明穂事務所では、建設業界の中小企業・個人事業主様の省人化省力化補助金活用を支援いたします。人手不足問題が顕著な建設業界では、省人化・省力化の推進が…

    省人化・省力化を考えるための資料・情報

    必要な情報源と活用法:コラム、データ

    省人化・省力化を図るうえで大切なのは、同業他社がどのような取り組みを行っているかを調査することです。以下に、省人化・省力化やDX化の事例が探せるサイトを載せておきますので、ぜひご活用ください。

    建設業界の省人化・省力化事例を検索

    日本建設業連合会 建築省人化事例集

    【経済産業省】DXセレクション(中堅・中小企業等のDX優良事例選定)

    令和3年度より、中堅・中小企業等のモデルケースとなるような優良事例を「DXセレクション」として発掘・選定しています。選定された優良事例を公表することによって、地域内あるいは業種内での横展開を図り、中堅・中小企業等におけるDX推進並びに各地域での取組の活性化につなげていくことが目的です。

    DXセレクションレポート

    省人化・省力化補助金関連記事

    【全国対応】省人化省力化補助金の申請代行予約【2024年公募開始】

    省人化省力化補助金の申請代行・サポート受付開始 2021年より始まった事業再構築補助金や、ものづくり補助金を中心に、中小企業・個人事業主(フリーランス)に向けた補助…

    省人化・省力化補助金
    省人化省力化補助金を現役行政書士がわかりやすく解説します
    省人化省力化補助金をわかりやすく動画で解説
    省人化・省力化補助金
    物流・運送業界の2024年問題・働き方改革についてわかりやすく解説
    【2024年問題】物流・運送業界への影響と対応策や補助金をわかりやすく解説
    省人化・省力化補助金
    配膳ロボット導入に補助金を賢く活用しよう
    配膳ロボット導入のメリットとは?活用できる補助金も解説
    省人化・省力化補助金
    介護ロボット導入に省人化・省力化補助金を活用
    介護ロボット導入で介護業界の人手不足問題を解消・補助金活用で初期コスト低減
    省人化・省力化補助金
    製造業のスマートファクトリー・DX化について。使える補助金も解説。
    【製造業界注目】スマートファクトリーと工場のDX化とは?使える補助金も紹介
    省人化・省力化補助金
    AI導入に使える補助金を紹介!申請サポートも行います!
    【最大1500万円】中小企業必見!AI導入補助金「省人化・省力化補助金」とは?
    【建設業界の人手不足解消】省人化・省力化補助金の申請代行(申請サポート)!

    行政書士野崎明穂事務所では、建設業界の中小企業・個人事業主様の省人化省力化補助金活用を支援いたします。人手不足問題が顕著な建設業界では、省人化・省力化の推進が…

    【介護業界の人手不足解消】省人化・省力化補助金の申請代行(申請サポート)

    行政書士野崎明穂事務所では、介護福祉業界の中小企業・個人事業主様の省人化省力化補助金活用を支援いたします。人手不足問題が顕著な介護・福祉業界では、省人化・省力…