事業再構築補助金はどんなことに使える?個人事業主でも応募可能

事業再構築補助金は個人事業主・フリーランスも応募できます

事業再構築補助金は「通常枠最大8000万円の補助金」と大型補助金のため、「個人事業主は関係ない」と思ってしまっている方も多いと思います。
しかし、事業再構築補助金の最低補助額は100万円からなので、個人事業主の方でも色々な使い道が考えられます。
中小企業が対象といわれていますが、その中小企業のなかには個人事業主も含まれているので、ぜひ、事業再構築補助金を活用してください!

事業再構築補助金はどんなことに使える?

①飲食店での活用事例

【コロナ前】居酒屋を経営していたが、コロナの影響で売上減少。

【コロナ後】店舗の営業を廃止または縮小し、「宅配事業」を新たに開始する。

対象となる経費:店舗の廃止または縮小に係る、解体や建物改修費用。新しい店舗の建設費、改装費。その他必要機器の費用。広告費など。

②小売業での活用事例

【コロナ前】実店舗で小売業をしていたが、コロナで売上減少。

【コロナ後】ネット販売やレンタル事業に力を入れることに。

対象となる経費:店舗縮小の解体費・改装費。オンラインシステムの構築費用、広告費など。

③さまざまな活用事例【事業再構築補助金】

例1>喫茶店営業の一部を縮小し、コーヒー豆やお菓子等の小売・テイクアウト業を始める。

例2>ヨガ教室をオンライン対応にするためのシステム構築。

対象になるかどうかの相談はお気軽にどうぞ

活用事例通りの事業というのはなかなかありませんので、ご自身が考えている事業計画が事業再構築補助金の対象となるかどうかは、お気軽に専門家にご相談ください。

埼玉県川口市の女性行政書士 野崎明穂お問い合わせはお気軽にどうぞ080-4098-1002受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝除く ]

お問い合わせはこちら

事業再構築の申請代行も承っております

関連リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です