省人化・省力化補助金とは

人手不足に悩む中小企業の、省人化・省力化投資を支援する補助金です。ロボット・AI・IoT製品などへの投資を補助する制度です。

省人化・省力化補助金の目的

中小企業等の売上拡大や生産性向上を後押しするために、人手不足に悩む中小企業等に対して、省力化投資を支援する。
これにより、中小企業等の付加価値額や生産性向上を図り、賃上げにつなげることを目的とする。

※省人化とは、ロボットやAIの導入により、人員削減を行うこと。

※省力化とは、ロボットやAIの導入によって、人の作業負担を減らすこと。

省人化・省人化補助金の補助対象製品

ロボット製品

  • 配膳ロボットや清掃ロボット
  • 産業用ロボット
  • 介護用ロボット
  • ドローン
  • 受付ロボット

AI製品

  • AIの音声認識や自然言語処理技術を利用したシステム
  • AIチャットボット
  • 入退室の管理業務AI
  • 生産工程を自動化するFA(ファクトリー・オートメーション)へAIの活用
  • セルフレジのシステム

IoT製品

IoTとは、インターネットを通じて、センサーや通信機能を持った物(製品)のことです。
身近な例でいえば、スマホからオンオフできるエアコンなどの家電、生体反応を感知して計測するスマートウォッチなどがあります。
企業の省人化・省力化に使用できるIoT製品が補助対象になります。

省人化・省力化補助金の補助金額・補助率

従業員数5名以下
200万円(300万円)


従業員数6~20名
500万円(750万円)


従業員数21名以上
1000万円(1500万円)


※賃上げ要件を達成した場合、()内の値に補助上限額を引き上げ

補助率は1/2に設定されています。導入したい製品の半額が補助されることになります。

神奈川県横浜市の省人化・省力化補助金申請サポートは行政書士野崎明穂事務所へ

行政書士野崎明穂事務所は、横浜市の事業者さまの省人化・省力化補助金の活用を支援いたします!

省人化・省力化補助金の申請サポートは行政書士野崎明穂事務所へ

省人化・省力化補助金の申請サポートを依頼するメリット

士業集団

行政書士・中小企業診断士(国家資格者)が対応!

行政手続きの代行を独占業務とする行政書士と、中小企業の経営改善・問題解決を得意とする中小企業診断士が、補助金申請をサポートいたします。

正確・迅速な対応はもちろん、本当に補助金活用をしてメリットがあるのかどうか、製品導入においての注意点などもアドバイスをさせていただくことが可能です。
また、補助金は最初に自己資金での投資が必要になりますが、その際の資金調達(銀行融資支援)も行うことが可能です。

手間のかかる書類作成・申請作業を代行!

補助金の申請は、要件把握から電子申請手続き、書類の作成・整理、事務局からの補正連絡への修正対応など、意外と手間がかかってしまうものですが、それらの面倒な作業はすべて行政書士が代行させていただきます。

パソコンが苦手な方も補助金申請できます!

忙しい経営者の方も安心です!

初回相談は無料です!お気軽にご相談ください♪

省人化・省力化補助金の
お問い合わせはこちら↓

    省人化・省力化補助金関連の記事

    こちらもあわせてお読みください。

    省人化・省力化補助金
    省人化省力化補助金を現役行政書士がわかりやすく解説します
    省人化省力化補助金をわかりやすく動画で解説
    省人化・省力化補助金
    物流・運送業界の2024年問題・働き方改革についてわかりやすく解説
    【2024年問題】物流・運送業界への影響と対応策や補助金をわかりやすく解説
    省人化・省力化補助金
    配膳ロボット導入に補助金を賢く活用しよう
    配膳ロボット導入のメリットとは?活用できる補助金も解説
    省人化・省力化補助金
    介護ロボット導入に省人化・省力化補助金を活用
    介護ロボット導入で介護業界の人手不足問題を解消・補助金活用で初期コスト低減
    省人化・省力化補助金
    製造業のスマートファクトリー・DX化について。使える補助金も解説。
    【製造業界注目】スマートファクトリーと工場のDX化とは?使える補助金も紹介
    省人化・省力化補助金
    AI導入に使える補助金を紹介!申請サポートも行います!
    【最大1500万円】中小企業必見!AI導入補助金「省人化・省力化補助金」とは?

    <事業再構築補助金のサポートも行っております>

    事業再構築補助金申請支援

    事業再構築補助金の申請支援についてはこちら

    神奈川県横浜市の助成金・補助金活用

    横浜市では、中小企業やスタートアップ企業を対象にした多様な補助金や助成金のプログラムを提供しています。これらのプログラムは、新しい事業モデルの開発、販路開拓、デジタル化の推進、健康経営など、幅広い分野に対応しています。

    例えば、「横浜市スタートアップ立地促進助成金」は、イノベーションや新ビジネスモデルの構築、新市場の開拓を目指すスタートアップ企業に対して、最大100万円の助成を提供しています。特に、「子育て」や「モビリティ」分野の事業には、最大150万円までの助成が可能です。

    また、「横浜市事業継続・展開支援補助金(販路開拓支援型)」では、事業継続と展開に必要な経費の一部を支援しています。これは、事業の多様化や市場拡大を目指す企業にとって有用な資金援助です。

    これらのプログラムは、横浜市が地元企業の成長と地域経済の活性化を支援するために設けたものです。企業がこれらの支援を利用することで、新たなビジネス機会の創出や経済的な安定性の向上につながることが期待されます。

    横浜市の公式ウェブサイトで、これらの補助金や助成金に関する詳細な情報や申請方法を確認できます。
    参照1 参照2 

    神奈川県横浜市の産業について

    横浜市は日本の重要な経済中心地の一つで、多様な産業が集積しています。横浜の産業構造には以下の特徴があります。

    1. 港湾都市としての役割: 横浜市は、国際貿易港としての役割を持ち、多くの国際的な企業や機関が集まる重要な経済拠点です。この港を通じて、日本国内だけでなく海外との広範な商業交流が行われています。
    2. 工業: 横浜市は京浜工業地帯の一部であり、製造業が盛んです。特に自動車、電子機器、化学製品などの分野で高い生産性を誇ります。
    3. 商業と観光: 横浜駅周辺地域やみなとみらい21地区など、商業施設や観光スポットが豊富です。これらのエリアは、ショッピング、レジャー、ビジネスの中心地として栄えています。
    4. 国際文化と歴史: 横浜は開港以来、日本の近代化を牽引し、多様な文化や技術が海外から伝えられた歴史があります。また、国際交流の面でも積極的な役割を果たしています。
    5. 経済発展と挑戦: 横浜市は経済発展を目指していく一方で、関東大震災や横浜大空襲など歴史上の多くの試練を乗り越え、復興と発展を遂げてきました。

    横浜市の産業は、その地理的な利点と歴史的背景により、多様な経済活動が共存しています。港湾や工業の発展に加え、商業、観光、国際文化の交流がこの都市の特色を形成しています

    横浜市の商工会議所情報

    • 住所: 〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町2 産業貿易センタービル8F
    • 電話番号: 045-671-7400
    • FAX番号: 045-671-7410
    • ウェブサイト: 横浜商工会議所

    横浜商工会議所は、地域の商工業者の支援と地域経済の発展に貢献する組織です。詳しい情報は公式ウェブサイトで確認できます。

    横浜市の省人化・省力化補助金申請サポート地域

    横浜市全域の事業者さまをサポートいたします!

    横浜市の主要な地域名:中区/西区/南区/港南区/港北区/保土ケ谷区/磯子区/金沢区/栄区/戸塚区/泉区/緑区/青葉区/都筑区/鶴見区/旭区/神奈川区/瀬谷区/川崎区
    その他の地区の事業者様も対応いたします!